moon express

Yahoo!で2007年1月より2019年5月まで運営してきたブログを移動させました。 こちらでの更新は原則行っておりませんのでリンク集SilenceExpressより お越し頂ければ幸いです。

2007年05月

雨止まぬ・・・

イメージ 1

横須賀線 北鎌倉駅にて 

特急あまぎ

イメージ 1

イメージ 2

「踊り子」の前身、東京-伊豆急下田を走った特急「あまぎ」
田町電車区の157系から183系1000番台へと変化しつつ、新幹線開業後の
東海道線東京発着唯一の電車特急として(運転開始は1969<昭和44>年)運行されました。

「あまぎ」の183系は1976(昭和51)年に登場、
「踊り子」にも引き継がれ、時には御召運用もこなしながら
1985(昭和60)年に中央線「あずさ」に転用されるまで9年余走り続けました。

「あずさ」を追われ、時折修学旅行や団体で再び東海道を走る183系を見ると、
あの頃の「あまぎ」を思い出す事があります。

∥膂翊にて
大船にて 

共に1981年頃の撮影(汚い画像ご容赦ください)

今年も、この季節が。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

つい先日桜の時期を過ごしたと思ったら、まもなく紫陽花の季節です。
近所でも各所で花をつけつつあります。

写真は昨年のものです。

江ノ電 長谷-極楽寺にて 
2006-6-8 撮影

Inter City (Wolfsburg駅にて)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ドイツ主要幹線ではICE(Inter City Express)に多くが「格上げ」されてすっかりお株を奪われた
感じであるが、ICEを補完する立場、或いはICEが運行されない線区に於いては
客車特急IC(Inter City)はまだまだ健在。幹線を毎時ヘッドで運行する形態は
日本のエル特急のモデルになったともされ、同一ホームで異なる方向のIC同士で
乗継を最大限考慮したダイヤ構成は、近鉄特急などが参考にしたのではないだろうか。
その形態は、ICEに引き継がれている。

牽引(場合によっては推進)する機関車はかつての名車103型の後継、101型電機で
ICEが走る高速新線も200km/hで運行する。
客車の塗装は、近年になってICEと同様のカラーに改められたようだ。
写真の列車の客車最後部は昔ながら?のスタイルであるが高速で推進可能な101型電機の
登場(1996年)後は、流線型タイプの制御運転室つきの車両(列車)も多く、
先頭を切って疾走している。

ICEも良いけれど客車列車であるICの移動は、より深くドイツの列車旅の気分を
盛り上げてくれるようで捨て難く思う。

写真はドイツ西部Munsterからベルリンへ向かうIC2447列車。ヴォルフスブルグから
ベルリンへはICEと同じ高速新線を走行する。

Wolfsburg駅にて 2006-12-23撮影

もうすぐ

イメージ 1

紫陽花の季節がやってきます。我家の庭の数少ない紫陽花も先日の雨のお陰かだいぶ大きくなってきました。デジカメ故障で修理中のため携帯からです
プロフィール

Sin

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 「6666」記事目・・・Yahooでの更新を終了致します。有難うございました。
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ