moon express

Yahoo!で2007年1月より2019年5月まで運営してきたブログを移動させました。 こちらでの更新は原則行っておりませんのでリンク集SilenceExpressより お越し頂ければ幸いです。

2010年10月

日曜日の朝に

イメージ 1

阪急電鉄 新淀川橋梁

2010年10月17日

EF66 25 & 29 ”再会” は28年振り?

神戸駅で189系気動車を待つ間、何本もの貨物がゆっくりと通り過ぎて行きました。

ダイヤ構成上は、色々苦労があるのでしょうが、間近で旅客列車と同じ線路上を往く
貨物列車を見られるのは楽しいと思います。

上り線を立て続け (間に、新快速電車や”スーパーはくと”など入ってましたが) に
EF66牽引の貨物が通り過ぎて行きました。列車番号は判らないですが。

うち2本は「国鉄型」EF66、25号機と29号機(実際に来た順序は逆でしたが)、
恐らく大船辺りでも見かけたことはあるかとは思いますが、もしかして・・・
と、思い帰宅後確認したところ、1982年春、やはり西の地で撮影場所は違えど、こちらで撮っていた両者、
でした。

機関車は、ナンバープレートや表記でしっかり番号が確認出来る分、年月を経てからの”再会”には
一際感慨深いものがあるのかも知れません・・・電車なども、きっちりとメモでも取っておけば別なのですが、なかなかそこまで私は出来ません(苦笑

当時と変わらず、基本的には東海道・山陽をメインに走り続ける彼等。
この間、寝台特急牽引に抜擢された仲間もいましたが、先に消えて行ったあと
(貨物出戻り組もいますが)こうして日々黙々と貨物牽引を続けています。
戦線離脱する仲間も増えたようですが・・・願わくば、オリジナルの色分けを保つと言う、
27号機にも一度遭遇してみたいものです。


EF66 25(吹)
イメージ 1


イメージ 2



EF66 29(吹)
イメージ 3


イメージ 4



おまけ、という訳ではないですが・・・「JR型」100番台もやってきました。
EF66 112(吹)

イメージ 5


※実際には、112,29,25号機の順で通過して行きました。


 神戸 2010年10月17日

キハ189系に出会う。

神戸駅に行ったのは、これが目的ではなかったのですが・・・(苦笑

181系「はまかぜ」の後継車、189系気動車の展示会がこの日、行われるとのアナウンスが
盛んに駅構内に流れていました。

下り3Dの181系を撮った後、久しぶりに海の方へでも歩こうかと考えていたのですが、結局
予定変更、189系の入線を待つことにしました。
そのお陰で、暫し駅でのスナップも出来たのですが。


やがて、姫路方から3連でやってきました。あとで知りましたが、この日は
姫路で展示会があったあと、神戸に回送されて来たとのこと。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


グリーン車が廃止となり、通常は3連で運行されるようです。

イメージ 4


既に言われていることですが、前頭部はキハ82や181のイメージを意識したとのこと、
側窓も、押し出し感がある連続窓風ではなく、Rのついた国鉄特急形のようなスタイル・・・
優しい雰囲気のスタイルは、181系が「肉食系」なら、189系は「草食系」とでも
言えるでしょうか(^^;)
異論はありましょうが、デザイン的には頑張ったと言えるように思います。惜しむらくは、
愛称表示がないことでしょうか。

イメージ 5


「189系」といえば、どうしても長年親しんできた電車のイメージが強いですが・・・。
末尾が「9」の気動車と言うのは、特殊用途や少数派の車両を除けば初めてのことでは
ないでしょうか。
30数年前の電車特急と同じく、奇しくも「181系」の後継として就役することは、
全く関連は無く、こじつけたようですが”歴史は繰り返す”ように感じました。

前日、姫路駅で見かけたポスターです。
イメージ 6


早くもあと1週間余り、世代交代は近づいています・・・

神戸駅・偏景

イメージ 1






イメージ 2






イメージ 3






イメージ 4






イメージ 5


 2010年10月17日

「二大幹線」の境界線・・・神戸駅

イメージ 1


東京駅を起点から589.5km(営業キロ)、東海道本線の”終点”神戸駅。

イメージ 2



勿論、線路は途切れることなく、ここから西へ、関門海峡を抜けた門司駅までの
山陽本線の起点となる場所・・・

イメージ 3



日常、東の端で利用する者にとっては、普段は意識はしないものの、
”東海道線”がはるかこの地点まで繋がり、”終着”を迎えると思うと
ちょっとした感慨を覚えます。


イメージ 4



もはや旅客列車は地域ごとに根付いて久しく、「二大幹線」という表現はもう
死語に近いのかも判りません。
それでも、日本の鉄路を代表した両幹線がバトンを渡しあう場所に立ち、行き交う
貨物列車をも眺めながら、改めてこの国の今日の繁栄に寄与した立役者であることを
再認識したい、そのような思いにかられたことです・・・。


イメージ 5


 2010年10月17日
プロフィール

Sin

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 「6666」記事目・・・Yahooでの更新を終了致します。有難うございました。
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ