moon express

Yahoo!で2007年1月より2019年5月まで運営してきたブログを移動させました。 こちらでの更新は原則行っておりませんのでリンク集SilenceExpressより お越し頂ければ幸いです。

2016年01月

久々陽の目?クモハ12052 @東京車両センター

湘南新宿ラインで都内へ行く際、電車が大崎支線(蛇窪線)から大崎駅へ入線する時
東京総合車輌センター(大井工場)の様子が見えます。
先日、曾孫のようなE233系に囲まれたクモハ12052の姿がありました。

イメージ 1


鶴見線大川支線での運用を終えてから、今春で丁度20年です。
同じく此処で保管されていた、”僚車”クモハ12053は解体され
近年まで大船工場跡にに残っていた、クモハ11248も姿を消してしまい
東日本で残っている17m国電はこの車両だけになったようですが、未だ車籍はあるようです。
勝手なことを言えば、もう本線走行は難しいのであれば鉄道博物館に収蔵してもよいかと思いますが・・・

イメージ 2



※大川支線のクモハ12関連の拙記事
鶴見線・武蔵白石駅Ⅱ(2009.2.8)


※余談ながら、同じ場所に留置されているE233系は
一昨年川崎で脱線事故に遭遇した編成(ウラ→サイ177編成)の様子です。

夕暮の新地駅 2006年秋。 (再掲含)

イメージ 1


2006年10月、上野から仙台へ常磐線普通列車を乗り継いで6時間あまり
間もなく日も暮れようとする頃、暫し停車した新地駅。

常磐線・福島県内最北の駅、いよいよ旅も終盤へ・・・というところでした。
この時初めて知った「新地」、大阪のネオン街を想像してしまい(正式には北新地、ですが)
東北らしからぬ地名だな、と思ったものです。

殆ど客が乗っていなかった、455系の車内よりホームへ降りてみます
常磐線を、ここまで来たのか・・・とにかく静寂が支配していた印象。
イメージ 2


イメージ 3



後続の特急「スーパーひたち」が、矢のように現れ、去って行きました。
イメージ 4


再び、静寂が戻った構内・・・小さな駅舎に長いホーム、古きよき時代の典型的な光景でしょうか。
後年造られたと思われる、無機質な跨線橋が却って印象に残ったように思います。
イメージ 5



陽が没する頃、この駅を後にする時でもありました。
デッキより、最後の1枚を撮りました。
イメージ 6



イメージ 7





・・・翌春、455系は静かに退き

この駅と周りの光景が一変してしまったのは、それから4年後のことでした

East i-E@山手

過日East i-EことE491系検側車が、根岸線を走行しました。


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



いまひとつな画像にてご容赦願いますが(3枚目はトリミングしています)、山手駅を往く姿です。
いかにも”データ収集中”という雰囲気で、ゆっくりと通り過ぎて行きました。

常磐線 代行バスで福島から宮城へ ④ 新地駅 (2015年10月)

イメージ 1


新地町役場前の代行バス停留所から、鉄道駅方面へ向かいます。

知られた話ですが、地震発生時新地駅には
仙台から原ノ町へ向かっていた、普通列車が停車中でした。
大津波警報発令の報に、たまたま乗車していた研修帰りの警官の方が
乗客を町役場まで避難させ、多くの人命が救われました。
この後、列車は駅もろとも津波の直撃を受けて大破しました。

暫く海岸方向へ進むと、立ち上がる高架橋。
相馬・駒ヶ嶺方向からの線路は、新地駅手前から移設区間に入ります。
イメージ 2


旧線や旧駅近くまで行ってみたかったのですが、工事が最盛期を迎えており
徒歩で行ける雰囲気ではありませんでした。また鉄路が開通したら、再訪してみたいものです。
画像左遠方、内陸側へ移設される新地駅の駅舎?或いは跨線橋らしき建造物が立ち上がっています。
イメージ 3

駅は嵩上げされている。
イメージ 4


田んぼの中の、真新しい高架橋。
イメージ 5



町役場近くの国道6号線にて。
イメージ 6


-続く- (不定期で載せていきます)

西武2000系 ”新旧”混成。

実質的な西武初の4ドア車として(国鉄モハ63形電車の払い下げを除く)
1977(昭和52)年、新宿線にデビューした2000系。

西武最大勢力となって長く活躍してきた同系も、同社から3ドア車がほぼ撤退し
新系列車両も多数加わってきてそろそろ・・・などと思っているうちに
案の定?初期編成から廃車が始まっているようです。

初期車のスタイルは、低運転台の国鉄クハ153のような表情(西武初の前面扉装着でもあります)に
国電101系や初期の103系のような、Rのついた2段窓(”田窓”?)のスタイルが
どこか懐かしさをも感じさせるような雰囲気が漂います。

過日西武線へちょこっと訪問したのは、こちらの車両の方が主目的だったのですが
萩山駅でその初期スタイルの”旧2000系”と、1988(昭和63)年以降に製造された
”新2000系”の混成10両編成の、拝島発西武新宿行き急行列車に遭遇できました。

前6両が旧2000系 この編成は幕表示
イメージ 1


旧2000系は窓に加え、グロベン装備にどこか”国電”風スタイルに映ります
後ろ4両、新2000系は下降式窓
イメージ 2


”ブラックフェイス”?の新2000系
イメージ 3



※まだ”新鋭”だった頃の、2000系掲載の拙記事(2010.8.27)
1982年所沢駅にて 新宿線の個性ある?電車たち
プロフィール

Sin

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • 「6666」記事目・・・Yahooでの更新を終了致します。有難うございました。
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • E257系集約臨と East-i & 185系 (2019年5月)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
  • 185系普通列車と伊豆急100系(103号)@熱海 (1982年)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
記事検索
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ